電子定款署名サービス

合同会社を設立する場合、公証人の定款認証が不要です。

つまり、自分で定款を作成すれば、正式な定款になります。


合同会社の定款を「紙」で設立する場合は、印紙代が4万円かかります。

この印紙税は、合同会社の定款を電子データで作成し、電子署名することにより

不要となります。


当事務所では、定款を作成したが、マイナンバーカードで電子署名をする環境を

お持ちでない方に対して、電子署名する環境を提供するサービス(無料)を始めました。


ご希望の方はご連絡願います。


合同会社を自分で設立しようとしても、電子定款の作成が壁となります。
このサービスはそこをサポートするものです。


* ご利用の方は当事務所との顧問契約を結んでいただくようお願いします。

* 環境等の変化により、電子署名できない場合があります。

 (電子署名が必ず出来ることを保証するものではございません。)

* 電子署名のみのサービスです。

福岡(古賀市)の「しのはら税理士事務所」

調査経験が豊富、ITに強い! 【 福岡市・北九州市・古賀市・福津市・宗像市・新宮町・遠賀町・芦屋町・岡垣町・水巻町・中間市にて、事業を行っておられる方(法人・個人事業主)特に歓迎します。】 お気軽にお問い合わせください。   ☎092-982-5915

0コメント

  • 1000 / 1000